学生時代からの薄毛の悩み

学生時代からの薄毛の悩み

 私は高校生の時から自分の頭髪が薄いことを気にし始めていました。
 私が調べた時に見たサイトジヒドロテストステロンにお任せ。
散髪に行くといつもショートカットにしたのですが、洗髪の時に頭が小さいような感触で、初めは頭髪が薄いのだとは自覚していませんでした。
 しかし、友人からは度々頭髪が薄いことを指摘され、からかわれていました。あまり気にしないようにしていましたが、ある日の体育の時間で運動した後、鏡で自分の前髪を見た時はっとしました。風に吹かれてセンター分け状態になっており、激しく頭皮が透けていたのです。家に帰って恐る恐る自分の携帯電話のカメラで頭頂部を撮影してみるとつむじを中心にかなり頭皮が見えている状態でした。そこで初めて自分の頭髪が薄いことを自覚するようになりました。
 確かに私は元々髪が細い方で、抜け毛の中にほとんど目に見えないほど細くなった髪が含まれていました。それは抜けて頭髪が薄くなってきている証拠だったのです。私は自分の容姿を大変気にする方だったので、それから人前でしゃがんで頭頂部が見られることをとても嫌がるようになり、風の強い日には外出時に帽子をかぶるようになりました。
 大学生になってさらに薄毛が進行し始めたので、育毛剤をしようするようになりました。現在は徐々に回復しているのが実感できているので不安は解消されています。
 男性の場合、頭髪の量は第一印象に大きな影響を与えるので、薄毛は大変大きな悩みになると思います。
彼女に聞いた抜け毛についてのサイトはジヒドロテストステロン←がオススメです。